«

»

4月 23

社会人としてレベルアップできる、秘書業務

秘書の業務内容とは?

経営者や専門職など、上司の業務を陰からサポートする秘書業務。実際、どのような業務を行っているのでしょうか。具体的には、スケジュール管理やメール、電話、来客の対応、そして書類作成や外出、出張、接待の手配などです。このような業務ですので、秘書職を通して事務処理の能力や、コミュニケーションスキル、マナースキルを身につけることができます。また、上司やお客様の様子を見ながら、臨機応変な行動ができるようになります。

秘書に資格は必要なの?

必須の資格はありませんが、持っていると役に立つ資格は多くあります。代表的なのは、秘書技能検定です。これは1級から3級まであり、秘書に関わる能力を問うものです。また、実用マナー検定やビジネス実務マナー検定などもあり、これは秘書業務以外の職業でも役立つものです。また、外国語の能力も高く評価されます。英語ならTOEICやTOEFL、その他に、中国語や韓国語、ヨーロッパの言語ができる人も近年では求められています。

どうやって秘書になればいいの?

秘書業務は、派遣会社を通して就くことが多いです。まずは秘書を取り扱う派遣会社に登録してみましょう。秘書専門のキャリアサポートをしている派遣会社もありますので、そこでカウンセリングなどを受けながら職を選ぶこともおすすめです。また、転職サイトやハローワークでも、募集が出ることがあります。検定や語学など、自分でできるスキルアップを重ねながら、専門機関を通して職探しをすることが、秘書になる近道だといえます。

秘書の派遣は、いつでも秘書が必要な時に利用をする事が出来るサービスですので、とても便利なサービスです。