«

»

5月 24

倉庫が一杯に・・・そんな時に役に立つレンタル倉庫!!

一時的に必要になったらレンタル倉庫で決まり

倉庫は荷物を取り扱っている企業にとっては、欠かすことができないスペースですね。ですが、自社で管理している倉庫が荷物で一杯になった場合には、緊急で一時的に倉庫が必要になる場合があります。そんなときには、一時的に使用ができる倉庫をレンタルすることが可能です。レンタル倉庫は全国にあり、企業のみではなくて個人でもレンタルすることができます。レンタル倉庫はほとんどが不動産屋が仲介に入って借りることができますが、仲介料が必要です。

レンタル倉庫は月額で利用ができます

レンタル倉庫を借りた場合には、毎月レンタル料を支払う必要があります。この仕組みが賃貸物件と同じですね。レンタル倉庫は2000円から7000円程度でレンタルすることができますが、3畳程度の広さになると30000円程度まで高額になってしまいます。そのために、長期に渡ってレンタル倉庫を借りる企業は非常に少なく、一時的な荷物の置き場としてレンタルする企業がほとんどです。しかし、金額は目安になるために賃貸物件と同じように地域によって、多少の差がでます。

レンタル倉庫は不動産屋にあります

レンタル倉庫をレンタルする場合には、賃貸物件と同じように不動産屋で取り扱っています。賃貸物件と同じようにレンタル倉庫にも管理会社があるために、不動産屋を通した場合には数パーセントの仲介料が必要になるでしょう。契約も賃貸契約と同じように書面を交わすことで契約が成立します。しかし、賃貸物件のように防犯カメラなどは一切設置されていないために、レンタル倉庫内の管理は自分達で行い、万が一のトラブルの際にも管理会社は一切責任を取りません。

物流事業は常に大量の荷物の搬入出を行うため、業務が滞らないように荷物や人員の管理を効率的に行う必要があります。特に荷物の破損や紛失が生じないように、取り扱いに関する取り決めを厳格に行うことが大切です。