«

»

6月 25

起業を考えている方は是非ご覧ください

起業するにあたっての心構えです

サラリーマンと違い、会社を興すと全責任は自分のものとなります。サラリーマンが嫌だから、人に使えるのが嫌だからといった理由のみでは決して成功するような甘いものではありません。個人で起業する場合でも、会社で言う企業理念が必ず必要になります。開業すると楽な時ばかりではありません。必ず不調の波が来る時があります。そんな時、自分は何の為に起業したのか、という確固たる理念が自分自身を助けてくれます。まずは起業する目的をしっかりと持つことが重要です。

事業計画の策定が重要です

起業する際には是非事業計画を策定してください。どの様な形のものでも構いませんが、もしサンプルがほしい場合には日本政策金融公庫や県の商業課に問い合わせれば教えてもらえます。事業計画書には記載する内容は、起業して成功するための必要最小限の事です。これを埋めれない場合、まだ計画に甘さがあると思って間違いありません。自分自身の売上目標には無理が無いかどうか、販路先の確保は確実か等を細かく見直してください。これは金融機関に資金を融資してもらう際にも必ず必要になります。

失敗しない始め方をすることが大切です

一度開業すると、もう後には戻れません。絶対に失敗しない始め方をすることが重要です。そこで計画を立てる際に必ず実行すべき点が一つあります。それは、飲食店や小売店であれば開業したその日に行列が出来るイメージで計画し、開業することです。想像して頂ければお分かり頂けると思いますが、開業してしばらく全くお客が入っていない飲食店に入りたいとはみんな思わないものです。逆に、行列が出来ているお店へは行ってみたいという心理が働きます。開業日前にプレイベントを実施したり、お友達全員に紹介をお願いする等工夫が必要です。

フランチャイズとは事業者が他の事業者と契約を交わしてトレード・ネームや商標などを提供する事を指します。