«

»

6月 27

仕事の生産性を高めるコツ

仕事で生産性を高める必要性とは

仕事に取り組む姿勢として、常に生産性を高めることは大事です。与えられた仕事を時間内にこなすだけではなく、いかに早く終えるか工夫するわけです。その理由として、自分自身のスキルアップが挙げられます。人は年齢を重ねるごとに、求められる責任が重くなります。そのためにはより多くのスキルを身につけて対応できるように準備しなければならないものです。そして生産性を高めるという行為を通して、様々な気づきを得ることになります。

生産性の向上で得られるスキルとは

毎日行う業務の生産性を向上させるためには、まずその内容に熟知する必要があります。1つひとつの作業にどんな意味があるのかを理解すれば、どれを削ることができるか判るものです。また決して手を抜いてはいけない部分も見えるので、ミスや事故を防ぐことにつながります。それと同時にどの作業に時間をかければ品質を高めるかも分かってきます。品質の高い仕事をすることで、より重要な業務を任されるようになるので、キャリアアップにつながります。

仕事の生産性向上は考え方も変えます

普段の仕事の生産性を高めるよう意識して習慣化することによって、自身の考え方も変わるようになります。それまでは単に目の前の業務をさばくのに必死だったものが、先のスケジュールも考えるようになります。空き時間が出れば何をすべきかを決めておく必要があるからです。このように、自分の仕事をマネジメントできるようになるため、自然と管理という考え方が備わることになります。その結果、自分1人のことだけではなく、周りのことも見えるようになってきます。

申請書の関係者への提出や回覧、そして承認までを電子化されたシステム上で行うことをワークフローシステムと呼びます。このシステムの導入によりワークフロー(仕事の手順)の明確化と業務の効率化が期待できます。