«

»

8月 26

時代に合ったタイムレコーダーの選び方!クラウドが最適その考え方とは?

各々の店舗に勤怠管理を行わせるリスク

企業の中には、複数の店舗を構え、各々の店舗で勤怠管理を行っている事もありますよね。店舗の中には、無理にサービス残業を行わさせたり、トラブルの元のなる原因を作り出しているかもしれません。もしもその姿が公に公開されると、その店舗のみならず、企業全体に対するイメージを損ねてしまう可能性が高まりますよね。勤怠管理にクラウドを取り入れれば、各々の店舗における勤怠管理に対して一元管理を行う事が出来ますよ。店舗の出入りのチェックが出来る勤怠管理システムであれば、より細やかに情報を集める事も可能です。

外出に対する情報についても把握

従来の企業スタイルの中には、外出に対する情報をホワイトボードに記載していた事もありました。現在でも、その様な姿で企業を運営している事もよくありますよね。記載する事を忘れてしまえば、何かしらのトラブルに発展してしまうかもしれません。いくつかの部署に分かれている企業であれば、情報を伝える無駄が生じてしまいます。クラウドによって直ぐに確認が出来れば、直ぐに各々の部署から必要な人材を集めて会議を開く事も出来ますよね。

給料計算が簡単に出来る

クラウドによる勤怠管理システムの最大の魅力は、給料計算が簡単に行う事が出来る事ですよ。従来であれば、人材を扱ってタイムカードから計算を行い、給料計算を行っていた事が一般的でした。デジタルデータによって、勤怠管理に対する情報を自動で集め、直ぐに支払う給料計算を行う事が出来ますよね。POPシステムと連携が出来るタイプであれば、その日の純利益に対する情報の把握も可能です。もちろん、タイムカードによる計算を行う必要性が無いため、人件費の抑制に繋げて行く事も出来ます。クラウドを利用している企業の中には、勤怠管理情報を給料明細に利用している場合もありますよ。

客観的に勤務時間を記録するためにタイムレコーダーを導入していますが、紙のタイムカードから、ipadのカメラや指紋認証、スマートフォンで打刻するタイプのものを導入する会社が徐々に増えています。