«

12月 24

入社した時には一人前に!内定者教育が重要になる

パソコンなどを使えるように事前教育

パソコン、スマートフォン、インターネットといえば生活に欠かせないものになっています。多くの家庭にもあるでしょう。パソコンなどは学校などでも一部使い方を学びます。しかし、パソコンやインターネットの使い方がわからない人も多いようです。内定者教育で行われることとして、パソコンなどを使えるようにする事前教育があります。入社をした時点ではすべての人が一定レベル以上にになるようにしておきます。これによって、パソコンを使う仕事もスムーズに行えます。

内定者同士のコミュニケーションを図る

人は一人で生活するのが難しくなっています。家族や学校、その他の組織でコミュニケーションを取りながら生活をしています。ただ、最初にコミュニケーションを取るときは難しいこともあります。内定者の場合、効率的に教育を行うにはある程度内定者同士でコミュニケーションが取れている状態の方が良いことがあります。そこで、事前に集まってもらうことがあります。ゲームなどコミュニケーションが取りやすい内容で教育することが多いです。

会社で仕事をする意味を理解してもらう

小学校から大学までは勉強をする目的で組織の中にいます。大学になると多少アルバイトなどを経験する人もいますが、まだまだ仕事に対する意識が少ない人もいます。入社して学生気分が抜けない人は、能力があってもすぐに退職してしまうこともあります。内定者教育で行うこととして、仕事をする意味を理解してもらうことがあります。自分自身がどんな仕事をするのか、その仕事によって何が変わるのかなどを知ってもらい、会社の一員としての自覚を持ってもらうようにします。

社員教育がしっかりと行われている企業は、スタッフ間のモチベーションが高いという大きな共通点があります。